まったりついったほいや 正解発表「たねご」[03 正解発表]
(2012-08-18 15:28:38) by 青村豆十郎


01  【種語】文字発明以前の先史時代に存在したとされる言語の大本になった言葉。素語。 @fuji_hal

02  【種子】子の無い人が、もらい子して育てているうちに、実子が生まれた場合、そのもらい子の称。 ★広辞苑

03  【胤子】(跡継という意味での)末子。最若年の子供。 →「末子相続」 @yorimichi

04  【胤児】嗣子。 @kotono8

05  【多根子】夢判断の一。夢に出てきた人や物のこと。実際に探し出すことができれば吉とされる。崇神天皇の夢に大物主大神が現れ、太田田根子(意富多多泥古)を探し三輪山の斎主とするよう告げたことから。たねこ。太平記三「天の朕に―告ぐるところの夢也と」 @oniyome1902

06  太った猫の青森弁。例えば「あの?たねごさ、なにぐってんださ?(あの、太った猫は何を食べてるのか?)」とか。 @0129butterfly

07  【たねご】バットレースの事。Turn and Go.から。 @_hiroyukiinoue

08  タネゴ【tanego・イタリア】〔音楽〕「一つひとつ音を置くように各音を独立させて演奏せよ」の意の発想標語。 @tamanowo


コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

Powered by
MT4i 3.1a3