まったりついったほいや 「ちんかつ」正解当て[02 正解当て]
(2012-10-04 18:56:09) by 青村豆十郎


さあ、どれが本当に広辞苑に載っている説明でしょう? +あなたのお気に入りも選べます。

この中から広辞苑の記述だと思ったものを選んで投票します。 「正解投票(広辞苑当ての予想)」、及び「好き投票(広辞苑ではないと思うけど気に入った説明に投票)」は、「 #ちんかつ #ついたほ 」のハッシュタグつき(前後に必ず半角スペース)で発言して下さいませ。 自分が送った記述に投票することは出来ません。 嘘記述を送っていない人、送り忘れた人も、正解当ての投票だけでも参加出来ます。

〆切は決めていません。投票が出揃ったときを〆切とし、親の都合で正解発表します。

01  【鴆蝎・鴆蠍】?猛毒、劇薬のこと。?〔「鴆」は鶏冠石を精錬して得られる紅砒(硫化砒素)、「蝎・蠍」は天然に存在する白砒(三酸化砒素)を指す〕無水亜砒酸の別名で、田畑を荒らすハタネズミ駆除に使われる農薬の名称。→いわみぎんざん  

02  【朕か津】王である私を選ぶか、さもなくば港から国外へ出でよの意。古代中国で、天子が既婚女性に自分の妾となるよう強要するときの決まり文句。 

03  【椿割】椿の実が割れて種が飛び出す現象。転じて、難しい局面に突破口が開けること。「難題が―した」

04  【狆喝】(チンの鋭い鳴き声から)弱い者が放つ言葉は、一見激しくても、強い者に対しては力を持たないこと。蟷螂の斧。  

05  【椿葛】ユリ科の多年草。ツバキに似た花が咲く。つばきかずら。

06  【賃カツ】賃金カットの略。 


コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

Powered by
MT4i 3.1a3