河本準一氏叩きで見失われる本当の問題(2012-05-25 17:50:40)へのコメント

< ページ移動: 1 2 >

by akira2005 [livedoor.com](2012-05-25 22:49:17)

うーん、芸能人の方ってたいてい個人事務所を設立されたりしていると思うんですけど、大体親御さん、親類の人を役員なり従業員にされてると思います。何もせずにしていても税金で取られちゃうわけですから、特段親御さんに報酬という形にして普通に渡してもいいのでは。事務所としてマンション借りたりとかもありますし。まあケチな人とか国税に貢献したい奇特な人はいるとは思いますが、どうも変に思います。

お金の流れで考えると、上記は東京で稼いだお金を岡山に移すわけですから、富の分配に近いです。東京は金持ちが多いですから。逆に生活保護となれば岡山という地方の負担が大きくなります。大都市 東京に富が集中するより、少しでも地方に流れた方がいいように思うのですが。

まあどうもよくわからないというのが本当のところです。年金はなかったのでしょうか。ここら辺の矛盾も露呈させてる感じの事件でした。


by blueboy(2012-05-25 23:30:22)

> 「能力があるなら養え」というのは道徳的・倫理的発言

民法の問題です。

> 厳しい審査をしたはずにも関わらず認可した福祉事務所

審査は大甘なので今回のような不正が可能です。

詳しくは → http://j.mp/KZEQZA


by https://me.yahoo.co.jp/a/HPSAVKMLUb_6285kfLWfoqXkyXtx#807b2(2012-05-26 00:11:32)

生活保護CWをしているものです。一字一句おっしゃるとおりだと思います。
あと、付け加えたいのが、いくら有名芸人の親だからといって、生活保護を受けているというプライバシーを公開した片山議員の責任は大きいと思います。辞職してもいいレベルだと思います。


by https://me.yahoo.co.jp/a/G17UdCNhVKAhF4iwQeeawcxgOt.7KjY63Ls-#34ecc(2012-05-26 11:41:42)

「そしていよいよ生活保護の必要がなくなり、生活保護は打ち切りとなった。」
とありますが、片山議員が調査に乗り出しマスコミが騒ぎ始めたから打ち切りにしたのであって、
この一連の騒動がなければ、河本母は今も受給し続けていたでしょう。

あと、あなたのtwitterアカウントで、経済的に苦しかったり人間関係が悪かったりするのに生活保護が受給できない
といった事例が紹介されていますが、どのような意図でこうした呟きをされているのでしょう?
河本母のケースは息子との関係は良好で、なおかつ息子は世間の標準をはるかに超える収入を持っていて、
そこが今回の騒動の焦点となっているのです。

最後に「今、河本準一を叩いている人間は、どれだけ苦しくても自分の収入で親や親族を
養い続けて他人には頼ってはならない、もしくは自分の生活が苦しくなったときに
公的援助ではなく親族のみに頼らねばならない、という鎖で自らをがんじがらめに
縛り付けているのである。可哀相な人たちである。」というあなたのtwitterでの発言についてですが、
まずは親族に頼らねばならないという鎖は、生活保護法第4条第2項によって全国民を縛り付けているのです。
自らを縛り付けていない人のほうが、ルールを知らない可哀相な人ということになります。


by nutsack5866 [livedoor.com](2012-05-26 16:25:27)

生活保護法第4条第2項は、「民法(明治29年法律第89号)に定める扶養義務者の扶養及び他の法律に定める扶助は、すべてこの法律による保護に優先して行われるものとする。」ですので、これは手続きの順序として扶養が先に来ると言うことを示しているに過ぎず、民法上の扶養義務が倫理規定に留まり、隔地の親族に対する生活扶助義務が一時的なものであって恒常的な援助を義務付ける法的義務としては構成されていないという事実には何ら影響を及ぼすものではありません。

また、あなたがおっしゃっているルールというのは、私人と国との間に作用する行政処分についてのルールであって、その行政処分は法律による行政の原理の下、法的根拠を必要とするものです。
したがって、法的根拠もない義務について、所管の行政庁でもない国会議員が、ただ芸能人の母であるというだけの私人を衆目に晒してまで叩くことは許されないし、あなたのおっしゃっているルールを私人が別の私人に対して強制することは出来ません。
それがこの国の組織と運用のルールです。

どうしても私人が私人に対して強制力を持つべきだとお考えなら、憲法改正運動をなさることをお勧めします。


< ページ移動: 1 2 >
元記事を読む
最近コメント一覧へ戻る

Powered by
MT4i 3.1a3