語中がデタラメでも英文は読める-2-GUITCHUSからの手紙[言葉]
(2003-09-23 03:49:01) by 松永英明


< ページ移動: 1 2 3 >

9月20日の記事「語中がデタラメでも英文は読める」を元の英語サイトにトラックバックしておいたら、英文の反論(長文)がコメントに投稿された。これを全文訳して、こちらに載せたいと思う。以下、翻訳。しかし、これ自体もチェーンメール化(or都市伝説化)しそうな一文が最後に載ってますねえ。

※この記事は2003年のものです。この記事をもとにした最新の情報は「読めてしまう」文章ネタの起源と歴史[絵文録ことのは]2009/05/10をご参照ください。


そういうわけで、「msesgae」(と今後呼ぶことにしたいもの)がある(※message=メッセージの並べ替え)。

"Aoccdrnig to a rscheearch at an Elingsh uinervtisy, it deosn't mttaer in waht oredr the ltteers in a wrod are, the olny iprmoetnt tihng is taht frist and lsat ltteer is at the rghit pclae. The rset can be a toatl mses and you can sitll raed it wouthit porbelm. Tihs is bcuseae we do not raed ervey lteter by it slef but the wrod as a wlohe".

たとえ奇妙であっても、この「msesgae」は不適切であり、極端な一般化であり、極めて還元されたヴィジョンを伝達する。さらに、これはそのままの形、つまり単純な幻想的作品や愉快な文章にとどまるべきであるにもかかわらず、厄介な形をとっている(我々はこれをメール、ウェブログ、チャットで見た。そこでは参加者は無条件に驚き、おもしろがるのだが、この「センセーショナルな発見」を持ち上げ、世界各地の友人たち(彼らも盛り上がっている)がそれを他の言語に転送した(どうやら、この「hoaxmeme」(一杯食わせるミーム)はウェブ中に広まりつつあるようだ)。

この話題を包囲することにしよう(傲慢にもったいぶってではなく、単に反・体制順応主義と反・単純化主義によって)。あなたがもしまじめな説明を探しているのなら、ここに「反・一杯食わせるミーム」があるわけだ。

はじめに。
読むことは、様々な性質・様々な複雑さを有する多くの知識を動員する複雑な活動だ(これは、さらに「書くこと」が複雑であるという事実にもよっている)。それは、認知過程を含むだけでなく、同時に、知覚過程も含む活動である。すなわち、読むこと、それは言葉を認知し、識別することなのである。

展開

< ページ移動: 1 2 3 >


コメント投稿
トラックバック(1)
次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

Powered by
MT4i 3.1a3