第十四回文学フリマ参加記録(ことのは) #bunfree[創作活動]
(2012-05-11 23:39:31) by 松永英明


< ページ移動: 1 2 3 >

2012年5月6日、第十四回文学フリマに参加しました。その記録と感想と入手したもの一覧。

準備

当日の荷物は最小限にするというのが、ここ最近の文学フリマ参加で身に染みたことである。新刊は会場に直接搬入(そうすると締め切りもギリギリでOKになる)、既刊本などは事前に宅急便で会場に送っておく。あとはかさばるが軽い設営関係のものだけ持って行く。終わった後は、買った本も売れ残った本も全部まとめて宅急便で自宅へ送付。帰りに早く読みたい本だけ持って身軽に帰る。といっても、大きな布カバン+スーツケースくらいの持ち物はある。

今回は既刊本一箱に加えて、無料配布する手提げ紙袋(数回前に作って何度か売ったが、ほとんど売れなかったモノ)を一袋(65枚)を事前に宅急便配送――する予定だった。だが、5月4日必着で送らねばならないことを思い出したのが5月4日未明。翌朝8時にヤマト運輸に電話して、近くの配送センターに10時までに持ち込めばビジネス便で当日中に配送されることがわかった。辛うじて間に合ったが、神経に悪いし、どうせ送るモノは決まっているのだから次回はさっさと送ろう。

ブース設営用の什器類は前回使ったものをそのまましまい込んであったが、特に確認すらせずそのままスーツケースと布袋に入れる。100円ショップも最近はオシャレで、キッチン用の折りたたみ棚やカゴの色もかわいいのが出ている。それを積み重ねて配置する方法は前回の設営でだいたい完成されたと思ったので、今回はそれを左右逆にするくらいで済ませるつもりだった。

念のためセロテープとガムテープとペンだけ買い足し。あとはもうお金をかけていない。

見本誌に貼るラベルはちょっと凝ってみた。文フリ事務局から送られてきたラベル用紙を一度スキャンして取り込み、Photoshopで色つきの字を入れて、再度プリントアウト。手書きもいいが、ちょっとは目立つようになったかもしれない。

当日

出店者の開場が10時なのでその前に並んだが、出店者の服装の色がほぼ「黒」「白」「グレー」「ベージュ」「紺」系である。前回も思ったのだが、自分のようにヴィヴィッドやシャーベットカラーの服の人がほとんどいないので何か浮いてしまう。「文フリ出店者はユニクロやベネトンやGAPでは服を買わない」という都市伝説を提唱したら何かうっかり信じられてしまいそうなくらいである。一方でアキバ系のようなオタTシャツっぽい人もほぼ見かけない。チェック柄すら見かけない。表紙が萌え系のところだって多いのに、服装は大半が彩度の低いカラーを身にまとう、というのが文フリ出店者の層なのである。

当日、文フリ会場は電気工事のために送風だけで冷房が効かないというアナウンスがあった。気温も暑くなりそうなのが予測されたので、かなり多目に飲み物を買っていった。それから去年の夏の節電ブームのときに買った、電池で動く携帯用扇風機(押すと霧吹き付き)を持参。やはり威力を発揮してくれた。

一階の方は風通しがよかったようだが、二階はかなり蒸し暑かった。

<画像:第十四回文学フリマことのはブース設営>

<画像:第十四回文学フリマことのはブース設営2>その中でブースを設営する。前回に引き続き隣のクリルタイさんと合体配置なのだが、republic1963さんが似たような棚を100円ショップで買ってきており(うちのよりは一回り小さかったが)、色も似ていてなんとなく一体感が出てきた。特に事前に打ち合わせをしてはいなかったのだが、こういうのをツーカーというのか。レジも共通でやれるので、自分が席を外しても大丈夫というのが毎度本当にありがたいことである。

前回から、本を立てて配置するようにしている。一般的には平積みが基本だろうと思うのだが、うちはメインが面出し。新刊は平積みと面出しの両方を並べておいた。手に取っていただいた率は半々か、やや面出しの方が多かったかもしれない(非統計的な印象論)。

前回食べそびれたターリー屋さんのインドカレー定食も食べられて(やや辛口で旨い)、今回はなかなか満足度が高かったと思う。

今までの傾向だと「1階(もしくは創作系)は空いていて、2階(もしくは評論系)が混んでいる」という実態があったが、今回わたしがぐるりと歩いた体感からすると1階も人の密度が高い印象があった。今までのような差は余り感じない。

結果として、新刊『ゲニウス・ロキの歩き方』は43部の売上。前々回の『東日本大震災でわたしも考えた』がタイムリーだったこともあって史上最高の45部、前回の『事物起源探究2011』が33部だったのを考えると、なかなかの好成績である(震災本の売り上げは特需すぎた)。新刊はすでに密林社さんに預けてあるので、近日中にAmazonでも購入できるようになるはずである。

Tags: 文学フリマ

< ページ移動: 1 2 3 >


コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

Powered by
MT4i 3.1a3