都道府県別「多い名字」可視化マップを作ってみた[日本史]
(2012-08-10 17:07:28) by 松永英明


< ページ移動: 1 2 3 >

都道府県ごとに「多い名字」には地域的な偏りがある。それを何とか可視化できないかと思って、データをもとにして地図上にマッピングしてみた。

<画像:都道府県別「多い名字」可視化マップ>

詳細はPDFファイルにしたのでそちらで見ていただきたい。→都道府県別「多い名字」可視化マップ(PDF)

※関連記事:選択式夫婦別姓議論と「日本人の姓/名字」の歴史[絵文録ことのは]2011/02/15

発端

佐藤さん山脈、田中さん山脈 ←日本の多い名字を1枚の地図にまとめてみた 読書猿Classic: between / beyond readers(2012年8月5日)

というブログ記事を読んだ。満田新一郎(1961)「多い苗字、多い名前」『言語生活』」118.所載の図に彩色した「佐藤さん山脈、田中さん山脈」という図が掲載されている。

これは非常に興味深い、面白い……が、データが古い(わたしも生まれる前である)し、あまり厳密な地図とはいえない。そこで、ある程度の統計データに基づいて可視化してみようと思ったのだった。

作業

まず、都道府県別の名字の順位については、名字についての著作を多く著わしている姓氏研究家・森岡浩さんのサイトにある「都道府県別名字ランキングを参照した。ここでは1990年代の電話帳に基づく名字数の順位が掲載されている。「すでに10年以上が経過していますが、上位の名字に変動を及ぼすほどの激しい人の移動はなく、現在でもほとんど変化はないはずです」とのことなので、ひとまずこのランキングデータを採用することとする(本当は自分でこのデータも調べ直せばいいのだが、暫定的にデータを利用させてもらうことにした)。

このサイトでは上位20名字がリストアップされている。いろいろ検討した結果、各都道府県の上位4名字でデータ化することにした。あまり多すぎてもごちゃごちゃしてかえって傾向が見えなくなるし、少なすぎると今度は情報がぶつ切れになってしまう。

次いで、同サイトの「日本人の名字ベスト200」のデータを参照した。これは「読み方まで考慮した日本初のランキング」とのことだが、ここで日本全国で多数派を占める名字が判明する。

この二つのデータを付き合わせてみよう。「日本全国」のランキングで上から順に、都道府県別でどの県の何位に入っているかを調べていく。全国1位の佐藤さんの場合、北海道・岩手・宮城・秋田・山形・福島・新潟・大分で1位、茨城・東京・神奈川で2位……といった具合だ。これを各都道府県の4位までに入っているかどうかチェックする。

全国2位の鈴木さん、3位の高橋さん……と順に進めていく。18位の「木村」さんが4位以内に入っているのは青森県の4位のみであった。それまでは複数県でトップ4入りしていたので、木村さんの一つ上、17位井上さんまでを地図上で示し、それ以外はその他として扱うことにした。

1位を直径4、2位を直径3、3位を直径2、4位を直径1の比率の円で示し、各都道府県に配置した。名前ごとに色を変え(上位10位までは虹の色の順、それ以下は中間色で)、同色=同名の円を同じ色の線で結んでみることにした。18位以下はグレーにしてある。

その結果がこの地図である。何となく色覚調査の図にも見えないではない。Webで通常表示できる画像サイズでは細部が見えないので、PDFファイルでまとめた。→都道府県別「多い名字」可視化マップ(PDF)

※円をマッピングした場所は、その都道府県の中で「線の引きやすい場所」を選んだものであって、県内のマークのあるあたりの地域にその名字が多いということではないので念のため。

< ページ移動: 1 2 3 >


コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

Powered by
MT4i 3.1a3