誤解を招きやすい「全ての言語はトルコに通ず」記事を正確に読む[言葉]
(2012-08-29 11:25:10) by 松永英明


< ページ移動: 1 2 3 >

「全ての言語はトルコに通ず」?英語もヒンディー語もルーツは同じ、国際研究 国際ニュース : AFPBB Newsという報道が流れたが、これは非常に誤解を招きやすい。本文を詳細に読めばわかるようにはなっているが、見出しだけで誤解している人も実際にブクマコメント等で見られる。

第1点。「全ての言語」ではなく「すべての印欧語」と書くべきである。

第2点。「トルコ」といってもトルコ語は関係ない、現トルコ共和国のアナトリア地域(小アジア)起源という説の紹介。つまり、ここでの「トルコ」は言語でも民族でも国家でもなく場所のみを指すが、言語の話なので紛らわしい。

以下、詳細に述べる。

サイエンスに発表された論文

【8月28日 AFP】英語もヒンディー語も、ロシア語もイタリア語も、みんな起源はトルコ――。こんな国際チームの研究結果がこのほど英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。疫病流行の追跡用に開発されたコンピューター・モデルを使って言語の進化をさかのぼったところ、数百種類のインド・ヨーロッパ語の発祥地は全てトルコに行き着いたという。

「全ての言語」といえば当然、日本語やアイヌ語や中国語や朝鮮語やチベット語やビルマ語やハワイ語やアラブ語やスワヒリ語など多種多様なありとあらゆる言語を思い浮かべるはずだが、ここで言われているのは「インド・ヨーロッパ語族」に属する言語だけである。

インド・ヨーロッパ語族に属することばは共通の「印欧祖語」を持つということは、もうずいぶん古くからわかっていることである。たとえば「英語もヒンディー語も、ロシア語もイタリア語も」と記事には書かれているが、それ以外にもドイツ語もサンスクリットもパーリ語もラテン語もギリシア語もスペイン語もチェコ語もアイスランド語もゲール語もイラン語も含まれる。つまり、ヨーロッパからペルシア、インドにかけて広まった一大言語群が同じ祖先を持っている。

さて、今回の研究結果について、AFP記事ではNatureに発表されたとあるが、これは誤りで、正確にはScience誌である。概要はこちら(全文は有料)

Mapping the Origins and Expansion of the Indo-European Language Family

概要を訳すと以下のとおりである。

インド・ヨーロッパ語族の起源に関しては二つの説が対立している。従来の見方では、その故郷を約6000年前の黒海の大草原地帯としてきた。もう一つの仮説では、印欧語はアナトリアから広まり、8000年から9500年前の農耕の広まりとともに広まったと主張する。我々はベイジアン系統地理学的アプローチを用い、古代および現代の103のインド・ヨーロッパ語の基本語彙データを使って、この語族の拡大をモデル化し、二つの仮説を検証した。その結果、大草原起源よりもはるかにアナトリア起源説を決定的に裏付けることとなった。インド・ヨーロッパ語の系統樹において推定された時代および根源の地は、8000年から9500年前に始まったアナトリアからの農耕の拡大と一致している。これらの結果により、系統地理学による推論は、人類の先史時代についての議論を解決する上で決定的な役割を果たすことが浮き彫りになった。

この研究についてはNatureのNewsで報じられたので、記者は論文自体がNatureに発表されたものだと勘違いしたのだろう。

ここには、印欧語がどのように広がっていったかを示す動画も紹介されている。

関連記事は2003年にも出ている。

地域名として使われている「トルコ」

Natureの記事でTurkeyという言葉が使われているのでこれ自体が紛らわしいとも言えるのだが、この記事で言うトルコというのは場所を指すだけであり、トルコ語やトルコ人やトルコ共和国とは何の関係もない。Nature記事でも「Anatolia ? now in modern-day Turkey(アナトリア、現在のトルコ付近)」と記されている。

Tags: アフリカ起源説, 言語学

< ページ移動: 1 2 3 >


コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

Powered by
MT4i 3.1a3