ニュータイプ専用?オスプレイをガンダムと比べてみる[日本時事ネタ]
(2012-09-27 20:32:40) by 松永英明


< ページ移動: 1 2 >

米軍の精兵パイロットでも操縦ミスで墜落させてしまう頻度が他の機体に比べて極めて高いことで有名な輸送機V-22オスプレイが21日、岩国で試験飛行を開始した。さらに28日以降に普天間に配備される可能性が高いと報じられている。

オスプレイというのはどういう機体かと思っていろいろ調べていたら、1/144サイズの模型があることがわかり、先日オークションで落札していた。1/144サイズといえばガンプラのメジャーなタイプ(HGUC、RG)で採用されている大きさである。もちろん、うちにも素組した程度ではあるが組み立てたガンプラがある。

ということは、この模型を二つ並べて、お台場で見た1/1ガンダムを思い出せば、オスプレイのスケールが大体わかるはずだ。というわけで、いろいろ画像を作ってみた。

<画像:オスプレイ&ガンダム>

1/144サイズのオスプレイ

もともと食玩として販売されていたもののようだが、すでに絶版となっているF-toysの「ヘリボーンコレクション3……全八種類+?」のうち、V-22オスプレイ・アメリカ海兵隊仕様をオークションで手に入れた。側面のプレゼントの締め切りからすると2007年の商品と思われる。そこに封入された解説文(文:桜川吾郎)から一部引用しよう。

<画像:ヘリボーンコレクション3>

「ボーイング・ベルV-22は、主翼両端に搭載したエンジンごとローター(プロペラ)の回転面を動かして、垂直離着陸と水平飛行を行うチルトローター方式を採用したVTOL(垂直離着陸)機。最大24名の兵士を乗せ、時速500kmで3,000km以上飛行し、滑走路以外の場所に垂直離着陸可能な飛行機とヘリコプターの長所を兼ね備えた輸送機である」

ちなみに、今回配備されることになる海兵隊仕様は型番がMV-22である。

「チルトローター方式は、主翼ごと動かすチルトウイング方式とともに比較的早い時期から実験機が作られ、VTOL機としては有望な方式とされていたが、ホバリング時に安定を保つのが難しく、コンピューターによる制御が可能になった現在やっと実用化に漕ぎ着けようとしている」

<画像:mv22水平>

モデルでもプロペラ部分が可動となっており、その様子をイメージできる。水平飛行時にはプロペラが水平、離着陸のときにはヘリコプターのようにプロペラが上向きになる。

<画像:mv22斜め> <画像:mv22上> <画像:mv22斜め後ろ>

五年前の解説文でも「安定を保つのが難しい」と指摘されているが、現在もその事故率の高さが普天間基地配備における最大の問題点とされている状況である。その事故の原因を米軍では機体の問題ではなく人為的ミスなどによるものと結論づけているものの、「オスプレイ制御コンピューター操縦指示従わず 墜落恐れも - 琉球新報」(2012年8月19日)の記事にあるように「操縦ミスで失った制御を取り戻そうと操作しても、低速飛行時はフライトコンピューター(操縦制御装置)が操縦士の指示に従わず、そのまま墜落する可能性が高い」という報道もある。

いずれにせよ、機体そのものに特に欠陥がないかもしれないが、米軍の熟練した精兵でも操縦に手こずるほど、操縦の難しい機体であるということは否定できまい。これを乗りこなせる兵士がいないとは当然思わないが、いわばニュータイプ専用機ということになるのではないか。

ガンダムと並べてみる

さて、1/144 MV-22オスプレイを「1/144 HGUC RX-78-2ガンダム」のプラモデルと並べてみる。とりあえず素組してスミ入れするくらいで満足する人間なので、組み方には目をつぶっていただければ幸いである。

<画像:mv22とガンダム>

このガンダムは、わたしが2009年7月13日にお台場で撮影した1/1ガンダムの写真をイメージしてポーズをつけてある。

Tags: オスプレイ, ガンダム

< ページ移動: 1 2 >


コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

Powered by
MT4i 3.1a3