No.109:東北被災4県の都内アンテナショップめぐり[東京]
(2011-03-31 19:47:20) by 松永英明


< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

いていましたが、片付けが始まっているようでした。やはり築地は朝に来
るべきでしょう。

築地から東銀座に向かいます。途中のナチュラルローソンの中に信州ショ
ップがあります。そこからさらに進んで、すでに取り壊された歌舞伎座の
向かいが、アンテナショップの中でも極めて充実度の高い、いわて銀河シ
ョップです。

<画像:いわて銀河プラザ>

◎東銀座:いわて銀河プラザ(中央区銀座5-15-1)

前回のアンテナショップめぐりでの個人的ランキングでは、沖縄わしたシ
ョップと一位・二位を争うほどの充実度を見せているいわて銀河ショップ。
ところが、今回は店内の棚ががらんとしてしまっています。入荷が滞って
いるようなのです。

三陸名産いちご煮(ウニとアワビのお吸い物)の缶詰などはありましたが、
これも一度売り切れたら次に届くのはいつになるでしょうか……。

購入品:
ウニとアワビのお吸い物三陸名産いちご煮(洋野町種市・宏八屋)
いわて盛岡発 じゃじゃ麺(奥州市胆沢区・小山製麺)

☆東銀座から銀座へ

いわて銀座プラザから少し行くと、私のすきな「ぐんまちゃん」が待って
います。群馬県アンテナショップ「ぐんまちゃん家(ち)」は、改装して
広くなっていました。

さらに銀座・有楽町方面へと向かいます。ソニービルのPLAZA GINZAの角を
南に行くと、熊本県アンテナショップ「銀座熊本館」の向こうに、めざま
しテレビの全国物産ショップ「めざマルシェ」があります。前回来たとき
には13階建てのビルまるまる使った47都道府県総合物産アンテナショップ
になっていたのですが、現在は4階のみに縮小、しかも節電のため1階・2階
のみの営業となっていました。以前はてっとりばやく都道府県物産を手に
入れるならここが一番お手軽だったのですが、品揃えも少なく、ちょっと
寂しい状況になってしまっていました。

さて、有楽町には多数のアンテナショップがあります(秋田県の「秋田ふ
るさと館」もその一つ)。しかし、今回は先を急いで北上します。

間もなく見えてくるのが、私の評価ではアンテナショップ最高峰の沖縄
「銀座わしたショップ」です。立ち寄ると時間を過ごしてしまいそうなの
で、表のシーサーに挨拶だけして終わりにします。
その隣に新しくできた店が、高知の「まるごと高知」です(2010年8月21日
オープン)。ここもなかなかよいお店で、築地のコウチ・マーケットと吉
祥寺の高知屋に続く店舗として非常に力が入っています。地下の「とさ蔵」
もお酒や工芸品などが揃っていい感じでした。

<画像:福島八重洲>

◎八重洲:福島県八重洲観光交流館(中央区八重洲2-6-21)

そこからさらに東京駅に向かって行くと、八重洲ブックセンターの手前に
福島県のアンテナショップがあります。看板が「ほっとするふくしま」に
なっていました(ちょくちょく変わっているような気もします)。以前店
頭にいた赤ベコの姿が見当たらないのですが、震災前から修理に出ていて、
今も元気だそうです。

さて、震災もさることながら原発の被害も大きい福島ですが、できれば福
島産の食品を買って応援したいなと思いました。しかし、なかなか浜通り
(福島県の沿岸地方)の産品がありません。全体にかなり品薄とはいえ、
会津や郡山などの産品はけっこうあるのですが……。

購入品:
いわき名物 長久保のしそ巻(いわき市・長久保食品)
鮫川 達者の味噌(鮫川村産大豆「ふくいぶき」100%使用)(製造者=鮫川村)

ちなみに、先日、福島産の米を買いました。収穫は去年の秋で、都内にず
っと保管されていたのだから、たとえ原発から数キロ以内で収穫されたも
のだとしても放射性物質を気にしなくていいのは当然です。しかし、買い
控えが多いのも事実。

買えるうちに福島米を使った味噌を買っておこうと思ったのでした。

さて、ここからは東京駅へ。八重洲口の高速バスターミナルを通って気づ
いたのですが、いわき駅までは高速バスが復旧していたのですね。

東京駅から山手線で五反田駅へ。五反田あたりはあまりなじみがないので、
東急池上線の五反田駅ホームが地上4階にあることに少し驚きました。池上

Tags: アンテナショップ, 大震災

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

Powered by
MT4i 3.1a3