ブログ白書――ブログの氷山(ウェブログの3分の2は三日坊主)[05.ウェブログ統計資料]
(2003-10-09 14:50:03) by 松永英明


< ページ移動: 1 2 3 >

※これは、ペルセウス社による調査結果を日本語訳したものです。訳者の感想がこちらにあります

白書 ブログの氷山―― 412万のレンタル・ウェブログのうち、大半はほとんど見えずにすぐに捨てられていく

 ペルセウス開発株式会社(Perseus Development Corp.)は、8つの主要なブログ・ホスティング・サービスにある3634のウェブログを調査し、ブログ人口の雛型を作り上げた。この研究に基づき、ペルセウス社では約412万のブログがこれらのサービス上――Blog-City、BlogSpot、Diaryland、LiveJournal、Pitas、TypePad、Weblogger、Xanga――に作られたと推定する。

放置されたブログ

 最も劇的な調査結果は、調査されたブログの66.0%が2カ月間にわたって更新されていない、というものだ。つまり、272万のブログは永久に、または一時的に放置されているということである。どうやら、ブログ・ホスティング・サービスはあまりにも簡単にブログを作れるようにしてしまったため、多くの「タイヤキッカー(おざなりの点検をする人)」たちを、自分たちの始めたブログを続けようという気にさせなくなってしまったのだ。実際、109万のブログは一日だけの冷やかしで、その後の日には投稿が全くなかった。残り163万の捨てられたブログの平均持続期間は、126日(およそ4カ月)だった。驚くことに13万2000のブログが、1年以上続けられた後に捨てられていた(調査された中で最も古い捨てられたブログは、923日間維持されていた)。

 男性は女性よりもブログを捨てやすく、捨てられたブログのうち46.4%は男性が作ったものであり、男性によって作られた稼働中のブログとの比較では40.7%に当たる。放置率は年齢とは関係がなかった。ブログを放置した人たちは、ブログを続けている人たちの投稿記事の58%の長さの記事しか書かないけいこうがある。これは、書くことを楽しむ人たちほどブログを長く続けるということを示している。

 放置率は、どのサービスを使うかによってめざましく変化していた。Pitas、BlogSpot、Diarylandは平均放置率を上回っていた。Xangaは平均的な放置率。LiveJournalは放置率が最低だった(Blog-City、TypePad、Webloggerは比較するには母集団が小さすぎた)。

稼働中のブログ

 ブログはリンク接続で有名である。稼働中のブログのうち80.8%は自分のページでの投稿から少なくとも1つの外部サイトへのリンクをしていたが、これはめったに伝統的ニュースソースへはリンクされていなかった。稼働中のブログのうちわずか9.9%のみが2875の既成ニュースサイトのどれか一つにリンクしている記事を有していた。このため、実際問題として、ブログするとはニュース記事にリンクすることではない、といえる。

 ブログは一般的に考えられているよりもはるかに更新頻度が低かった。稼働中のブログは平均14日ごとに更新されている。レンタルブログのうち10万6579だけが平均して最低週1回更新されている。毎日更新されるのは5万以下である。

 1万3600のブログだけが、一度放置されたあとに再開された。これらのブログは、調査時には最近更新されたものであるが、以前には平均112日ごとに更新されていた。

 稼働中のブロガーの平均的なトップページには8日分の投稿が掲載されている。トップページの大きさは26.4kbだった(画像、ならびにJavaScriptやスタイルシートなどの外部コードを除いて)。

人口統計

 MP3共有とインスタント・メッセージがティーンエージャーから始まったのと同様、ブログの多数派はティーンエージャーが作ったものである。ブログは現在は若者の世界であり、30歳以下の人たちが作ったブログが92.4%である。

年齢幅作成ブログ数割合
10?125万55001.3
13?19212万000051.5
20?29163万000039.6
30?3924万10005.8
40?494万17001.0
50?591万85000.4
60?691万39000.3
合計412万0000100.0

 女性のほうが男性よりもわずかにブログを多く作っており、レンタルブログの56.0%になる。

Keywords: whitepaper

< ページ移動: 1 2 3 >


コメント投稿
トラックバック(17)
次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

Powered by
MT4i 3.1a3