非公式ウェブログ用語集[04.ウェブログ用語集]
(2003-10-11 23:42:31) by 松永英明


< ページ移動: 1 2 3 4 >

MICROCONTENT NEWSWeblog Glossaryの翻訳。以下の用語の解説である。原典の初出は2002年5月10日。「ウェブログ@ことのは」での翻訳初出は2003年9月29日。

・Blogosphere【ブロゴスフィア/ブログ圏】
・Blogrolling【ブログローリング/ブログ転がし】
・Collaborative Media【共同メディア】
・Ego-surfing【エゴサーフィン】
・Google Bomb【グーグル爆弾】
・Link Whore【リンク淫売】
・Metablogging【メタブロギング/メタブログ】
・O.G. Blogger【OGブロガー/昔鳴らしたギャング・ブロガー】

Blogosphere【ブロゴスフィア/ブログ圏】

[定義](名詞)ブロガーたちの住む共有された知的空間をいう。また、Blogland(ブログランド)、Blogistan(ブロギスタン)、Blogspace(ブログスペース)ともいう。

[言葉のあや]「ブロゴスフィア」という用語は、ギリシア語の語根logosから作り出されたものだ(下記語源参照)。それがミーム(文化の基本単位)と見なされているのは、blog + biosphere(ブログ+生物圏)の合成だからだと思う。言い換えれば、ブロゴスフィアはウェブログの本質をメディア生態系として表現している、ということである。

[用法]「そのリンクが最近、ブロゴスフィアで飛び交っているのを見たよ」

[起源] 2002年の元日に、William Quickによって初めて使われた。

「私は、我々ブロガーが占めている知的サイバースペースのための名称を提案する。それはブロゴスフィアだ。思いきり簡単にいうと、語根はlogosであり、ギリシア語の意味ではいろいろある。ソクラテス以前の哲学においては「宇宙を支配する原理」、「この原理の起源」、「宇宙についての人間の推論」であった。ソフィストのあいだでは、「理性的な議論の話題」や「議論そのもの」を意味した。(アメリカンヘリテージ『英語辞書』より)
Blogrolling【ブログローリング/ブログ転がし】

[定義](名詞)ブロガーが通常のものとして読むサイトを列挙しているウェブログの一区画。これは通常ブロガーの表紙の脇に置かれたり、表紙からリンクされた別のページに置かれたりする。

[言葉のあや] ブログローリングは、非常に古い伝統に対する比較的最近の呼び方である。たいていのウェブサイトは、伝統的に「リンクページ」を有しており、そこにはウェブマスターが好きなウェブサイトを載せていた。ウェブログはその伝統を受け継いだ......しかし、このリンクを別のページにするのではなく、ページの脇に好きなリンクを載せるのが通例である。
 この「添え物」部分は、ウェブログの「ブログローリング」部分と呼ばれるようになってきている。

[用法] 「Monsurのブログローリング・リスト見た? それ、でっかいよ――毎朝それを全部巡回しようと思ったら1時間はかかるだろうね!」

[起源] ブログローリングという用語は、2000年12月にDoc Searlsによって初めて使われた。それは、logrolling のもじりで、logrollingはDictionary.comには次のように定義されている。

1. 政治的な協力を交換すること。特に、お互いに重要な議案の成立を達成するために、議員の間で権力行使や投票を交換すること(※政治的八百長)。

Keywords: microcontent_glossary

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
トラックバック(1)
次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

Powered by
MT4i 3.1a3