海外ウェブログソフトレビュー[07.ウェブログの技術的な説明]
(2004-01-04 00:17:27) by 松永英明


< ページ移動: 1 2 3 4 >

2003年12月18日木曜日 Guardian Unlimited記事より

Blogger

 これはウェブログサービスの父祖である。Bloggerがウェブログの流行を始めたわけではないかもしれないが、その火に油を注ぐ以上の役目は果たした。ドットコムブームの最高潮の時期に設立され、共同創設者エヴァン・ウィリアムズによって完成されたBloggerは、最終的に、2003年2月に検索大手Googleによって買収されて未来を保証された。
 その時から拡張され、長らく待望されていた新しい外見のインターフェースを提供し、信頼性が高まった。ただ、その中心には、数十万人の初期のブロガーを引きつきたのと同じ機能が残っている。まず、TypePadやRadioとは違って無料だ。第2に、簡単に使える。特にBlogSpotでウェブログをホスティングするときには、出来合いのテンプレートが使えるし、FTPを触る必要がない。
 しかし、Bloggerで一番いいのは、その柔軟性だ。もし自分のサーバーでウェブログを開いたり、自分のテンプレートを作りたいなら、Bloggerはそれを許してくれる。
 かつて、それは何よりもまずBloggerをおすすめするための大きな根拠となっていた――そして、私たちは実際にそうした。しかし、2002年にはブログ界でいくつかの興味深い発展があり、しばらく低迷した後、新しい機能が導入されず、Bloggerはもはや切り札を持っていない。
 TypePadの基本バージョンは、ブロガーよりも大きな自由度と機能を提供している――料金は払わなければいけないが。LiveJournal と 20Six といった類似サービスは強力なコミュニティーを有しており、初心者にとってもっと面白い機能がついている。
 Movable type――あるいはType Padの最も高価なものでも――Bloggerをはるかにしのいでいる。MTは技術的専門知識が必要だし、TypePadは月額料金を払わなければいけないのだが。
 ブログの最初期の遺産として以外に、Blogger.comが現在に適合しているとみることは難しい。(by Neil McIntosh)

Typepad

 Typepadはウェブログブロックの新人だが、2003年夏に公開されてからは大好評だ。登録は無料ではなく、他のサービスと比べても安くはない。しかし、ウェブログ界ではそれに見合ったものを手に入れられそうだ。毎月の料金(3.50ポンド、6.40ポンド、10.70ポンド)で、ウェブスペースと、強力・優雅なウェブログ構築ツールが手にはいるのである。高いコースになるほど使える機能も増える。
 基本的な特徴は、他のシステムと比較して印象的だ。最低価格の契約であっても、カテゴリー(スポーツ、政治その他あなたが決めた分野に投稿を整理できる)、コメント(読者がいいたいことをいえる)、パスワード保護(誰がサイトを見るかを制限できる)がある。
 人気が高い機能の多くは、中間の価格の契約で手に入る。フォトアルバム機能は有用で、追加ソフト(や他の登録サービス)なしに写真を紹介するアルバムを簡単に作れる。また、あなたのドメイン名をTypepadサイトに「割り当て」る機能もある(つまり、あなたのサイトがyoursite.typepad.comではなくwww.yoursite.comにすることができる)。最高額の契約では、あなたのサイトのHTMLを自分の手でいじることができるようになり、これで多くの技術的な達人ブロガーにはうれしいことだろう。しかし、提供されているテンプレートはほとんどいじらなくても大丈夫だ。
 しかし、おそらく、最も魅力的なのは、見栄えのいいウェブログを設置するのが簡単だということだろう。もちろん、他のTypepadウェブログと同じように見えるかもしれない(標準として提供されているHTMLをいじらないなら)。しかし、他の人とコミュニケートすることが容易になる。それはブログのすべてともいえる。あなたは1時間で、スタイルはともあれ、設置・稼働し始められる。

Keywords: weblog-software-review

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント(1)
次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

Powered by
MT4i 3.1a3