日本のウェブログの歴史(詳細版)[01.ウェブログ超入門!]
(2004-06-23 13:56:16) by 松永英明


< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

●ウェブログよりつながりの弱いウェブ日記

 このように、日本のウェブ日記には「他人に見られることを意識する」「他の日記への言及がある」「ランキングサイト、更新情報を中心としたウェブ日記コミュニティがある」「レンタルサービス内では独自のコミュニティが存在している」といった特徴があります。それは単純に個人が日記帳に書き記してきた秘密の日記とは根本的に違い、むしろ、ウェブログと似ていると言えるでしょう。高機能なウェブ日記ツールはウェブログツールとしても充分に使えるものです。中には「ウェブログ=ウェブ日記」と言い切る人もいるくらいです。

 では、伝統的な日本のウェブ日記文化とウェブログは何が違うのでしょうか。あえて違いを探してみるならば、日記には基本的に掲示板的機能がついていないことが挙げられます。日記にコメントしたい人は、同じサイトの別の場所に設置された掲示板に書き込みに行かなければなりませんでした(tDiaryはその二つを融合させたという点で非常に画期的なものです)。その結果、日記間の相互言及は頻繁になされるものの、ウェブログに比べるとはるかに「つながり」が少ないようです。他の人からコメントを付けられることを望まない人はウェブ日記、気にしない人はウェブログという傾向も見られます。

■個人ニュースサイト――日本のウェブログ史3

●日本版フィルターサイトが個人ニュースサイト

 英米のウェブログは、フィルターと呼ばれる形式から始まりました。これはウェブ上で見つけた面白いページを紹介するものです。これとよく似た形式のサイトは、日本でも独自に発展してきました。それが「個人ニュースサイト」と呼ばれるものです。

 単に「ニュースサイト」という場合は新聞社などの報道サイトのことを指しますが、「個人ニュースサイト」は少し違っています。基本的に運営者の関心のあるサイトへのリンクを紹介し、そこにコメントをつける場合もあるというスタイルが基本です。これはまさにフィルター型ウェブログそのものであるといえます。また、特定のゲームやソフトの新情報をいち早く伝える限定的な情報型と、とにかくネット上の面白そうな話題は何でも集めるタイプの双方が存在しています。

 一九九七年開設の「あ!ネット」など、かなり早い時期から個人ニュースサイトはいくつか立ち上がっていましたが、九八年ごろからじわじわと影響力の大きなサイトが登場しています。同年十月八日開設の「smallnews!」は「自分がインターネットでいくつものサイトを巡回するので、他の人も巡回してるのではないか?と考え、巡回しなくても良いように幾つものニュースサイトを巡回して、目に付いた面白いニュースを掲載するようにした」と書いています。これはまさにギブスンが「他の人のために前もってネットサーフィンする」人たちが登場すると予言したスタイルそのものでした。このサイトはゲーム関連からアイドル情報、コンビニのお菓子まで幅広く取り上げ、その後の個人ニュースサイトに大きな影響を与えています。

 同じく十月二十八日開設の「セキュリティーホールmemo」はインターネットのセキュリティーに関する情報を集め続けて今も更新されています。

●個人ニュースサイトはウェブログそのもの

 九九年に入って、大手となる個人ニュースサイトが次々と開設されています。アニメゲーム系情報「変人窟」。食品への異物混入や、ガラスが割られたというニュースに軽妙なコメントをつける「ムーノーローカル」の「どーでもいいトピックス」。オタク系情報「J-oの日記」、ゲーム系情報「TECHSIDE.NET」といった大手サイトは、いずれも一月に個人ニュースサイトとしての情報提供を開始しました。「変人窟」からリンクされたサイトには大量のアクセスが流れ込むために「変人窟効果」という言葉が生まれたり、一日だけムーノーローカルのデザインをまねる「ムーノーデー」が行なわれたりするなど、個人ニュースサイト・コミュニティはこのころから独自に発展していきました。

 同年五月八日開始の「ポケットニュース」は一行リンクにコメントという簡潔なスタイルで情報量が勝負。

 また、同月にはフリーウェア・シェアウェアなどのツールに関する情報サイト「裏ニュース!」が開設されました。このサイトでは単にリンクするだけでなく、ちょっとしたコラム風に読めることで人気を集めました。この運営者の一人吉野健太郎氏は現在「連邦」というサイトで同様のサイトを続けています。同じころ、「itoya_laboratory*net_news」も始まり、コラム風の記事を公開し続けています。これらのコラム型個人ニュースサイトは、まさにウェブログと呼んでもまったく違和感のないスタイルといえるでしょう。

 七月に始まったゲームオタク情報サイト「sawadaspecial.com」は、現在ムーヴァブル・タイプを使ったウェブログに移行していますが、これも個人ニュースサイトとウェブログの親和性を物語っているようです。

 二〇〇〇年に入るころにはすでに個人ニュースサイトは定着していました。一月二十日開始の「百式」は毎日一つずつ海外のサイトを紹介するコラムを書き続けています。

 同年の末には「俺ニュース」が登場。他の個人ニュースサイトで引用されたサイトをさらに孫引きして掲載する「孫ニュースサイト」の先駆けとなりました。

Keywords: history

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >


コメント(3)
トラックバック(26)
次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

Powered by
MT4i 3.1a3