日本のウェブログの歴史(詳細版)[01.ウェブログ超入門!]
(2004-06-23 13:56:16) by 松永英明


< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

 ニフティのユーザーでも、フォーラム以来の古参ネットワーカーは確かにごく一部です。しかし、このごく一部のユーザーがココログ上で派手に記事を書き、コメントし、トラックバックしたことで、どういう風に使えばいいのかが多くの人にわかりやすくなりました。もともと、フォーラムは「他人の書いた文章にツッコミを入れる」ものと言えます。そのため、コミュニケーション機能が充実したウェブログは、フォーラム出身者にとってまさに理想的なツールだったのではないでしょうか。

 同月にはアメリカの有名なブロガー、レベッカ・ブラッドの『ウェブログ・ハンドブック』も翻訳出版されました。これはウェブログのコミュニティについて論じた本であり、それまでの技術書とは一線を画していました。これも「技術者から一般のユーザーへ」という流れを象徴するもののように思われます。

 今後、ウェブログという言葉は特別なものではなくなるでしょう。「ウェブ日記」や「掲示板」や「チャット」や「メールマガジン」と同列の普通名詞として「ウェブログ」が語られる日は、そう遠くないのではないでしょうか。

Keywords: history

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >


コメント(3)
トラックバック(26)
次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

Powered by
MT4i 3.1a3